2019.09.16更新

ヨーグルトは,体に良いと言われているので,毎日食べるようにしています。

 

スーパーには,カップタイプのものや,ドリンクタイプのもの,フルーツが入ったものやプレーンのものなど,いろいろなヨーグルトが売られていますが,今食べているのは,自宅で作るタイプのものです。

 

種菌を購入して,市販の牛乳で作るのですが,最初に種菌からヨーグルトを作るときは指定されたとおり作るのですが,その後は,勝手に省略した方法で作っています。

それは,キャップが付いている牛乳パックを使う方法です。

 

やり方は,牛乳パックの牛乳を5分の1ほど減らし(飲み),その中に牛乳を減らした分量程度入れ,蓋をしてシェイクし,12時間程度放置しておく,というものです。

 

放置する時間は,夏と冬では全く異なりますが,ようやく涼しくなってきて,ヨーグルトを発酵させやすい季節となってきました。

まったく手間いらずなので,興味のある方は,一度お試しください。

 

 

投稿者: 木村知子法律事務所

side_inq.png